2017年1月31日火曜日

Kerith Ravine - The Streams Of Jettison [2000]



オハイオ州アライアンスを拠点に自らをEngineering Rockと称し1997~2000年頃にかけて活動していたKerith Ravineが残した唯一のアルバム。Deep Elm Recordsの名物コンピシリーズThe Emo Diariesにも参加していたバンドでエモ~インディーロックやオルタナティヴロックの流れにある音楽性。主に影響を受けたバンドとしてHumPedro The LionRadioheadThe Smashing PumpkinsThe Flaming Lipsなどを挙げている。このアルバムに限らず大半の曲が長尺なので人によってはちゃんと聴くのに中々覚悟がいるバンドかも。ちなみに一部メンバーは現在LOVEDRUGというバンドにて活動中。

価格:1500円 Sold Out

レーベル:Bulletproof Music

試聴:

 

2017年1月30日月曜日

No Action - S/T 12" [2017]



オーストラリアはアデレードのジャングリーパンクバンドNo Actionによる待望の1stアルバム。9曲入り250枚プレス。余計なことは言わないので実際に手にして聴いて欲しい。とか言いつつ余計なことを言わせてもらうと自分は友達の家で他愛ない話で笑ったりしながら遊び尽くした後の1人でチャリンコ漕いで帰る帰り道に少し寂しさを感じつつ今日の晩飯何かなとか明日も学校かとか考えてた頃をなんとなく思い出したりした。ちなみに一部メンバーはNebraskaWeightlessのメンバーとしても活動していたが前者は解散が決まっており後者も既に無期限の活動休止中。

2017年12月23日追記
今作のbandcampでのフルストリーミングが開始されました。今年リリースされたものの中でもかなり聴いたこの一枚。上の全然レビューじゃないレビューでも書いた通り自分にとってこのアルバムは思い出フィードバック系かつエバーグリーンな雰囲気がプンプンする仕上がりとなっており初めて通しで聴いた時に感じたじんわり込み上げてくる感動みたいなものの感触を未だに覚えています。特にラスト2曲なんかはライブハウスで生で聴かされた日には涙ちょちょぎれます。アルバムを聴き終わった直後ちょっとの余韻を噛み締めながら居ても立ってもいられなくなった自分は興奮しながらバンドのFacebookにこのアルバムすごいよ!とメッセージを送りそれだけでは飽き足らずそのままの勢いでそれまで何となく保留していたファンクラブ入会のための用紙を記入しファンレターと共にバンドの住所へと送ったりもしました。大げさに聞こえるかもしれませんが少なくとも自分にとってはそれだけのことをさせる力がこのアルバムにはありました。今のところ知る人ぞ知るといった感じですがもっと広く聴かれてもいいバンドだと思っています。パンクが好きだぞ!って方にはぜひ聴いて欲しいです。

価格:1500円 Sold Out

レーベル:strictly no capital letters/unwound records

試聴:






Weightless - Self-Adjustment 12" / CD [2012]



オーストラリアはアデレードのエモバンドWeightlessによる8曲入り1stアルバム。当ディストロで扱うのは1stプレス160枚の青クリア盤。American Footballなどを彷彿とさせるクリーントーン~クランチ気味のアルペジオを基調としたギターサウンドに清涼感と共に憂いも感じさせるボーカルがのる王道スタイル。残念ながらWeightlessは現在活動しておらず一部メンバーはNo Actionにて活動中。
※再入荷分は2013年のレコードストアデイに合わせてリプレスされた100枚限定の緑赤盤になります。

価格:1500円 / 1200円 (LP / CD) Sold Out

レーベル:Clarity Records

試聴:



2017年1月22日日曜日

Nevasca - Early Compilation Cassette [2016]



ロシアのエモバンドNevascaがPaper Woundsと共に行ったEUツアー時に販売された9曲入り初期音源集(デモテープ、スプリット提供曲、未発表曲収録)。90年代のバンド群から強く影響を受けた音がすでにこの時点で展開されていて7インチの曲と比べるとギターのTwinkle度が高めでボーカルも叫んでたり衝動性が感じられる。今年は遂に1stアルバムがリリースされる予定。

価格:600円 Sold Out

レーベル:Winter Sea

試聴: